さわやかな香りを届けるならオートグリム・オートフレッシュ(Autofresh)




”におい”に敏感ですと、ちょっとしたタバコのにおいが気になってしまうように、クルマのような閉じられた空間こそドアをあけた瞬間に届くにおいもいい香りかどうかが瞬時にわかってしまいます。私 みのかぷの愛車もそろそろ10年の節目を迎えるころになり、最近になって車室内のにおいが「いつもと違うな」と感じる日が多くなってきました。週末メインでの使用が多いので、クルマ用の脱臭剤を購入してシート下に設置してしばらく様子を見てみましたが、なかなかにおいがおさまりません。
いろいろと考えた結果、せっかくならさわやかな香りでドライブしたほうが気分もいいだろうということで、いつもお世話になっているオートグリムの出番です。

オートグリム「オートフレッシュ(Autofresh)」でさわやかな香りを

カー用品店によくあるダッシュボードやカップホルダーに置く芳香剤という選択肢もありますが、ここは敢えてオートグリムをチョイス。どんな香りなのか気になるところではありましたが、今回はAmazonにて購入。届いた商品はこちら。

いつもの見慣れたパッケージですね。使用方法は
 1.カーペットやトリムなどの布部分に慎重に吹きかける
たったこれだけ!!とっても簡単ですね。気になる香りはというと、文章でお伝えするのがなかなか難しいですが 個人的な乾燥としては甘い香りではなく、文字通り「さわやかで上品な香り」といったところでしょうか。香りの好みは個人差がありますので使ってみないとわからない部分はありますが、好きな部類に入りますね。
あと、使用方法の注意点として、もし吹きすぎてしまった場合は、綺麗なクロスで拭き取るだけ、あとはレザーやスエード、プラスチック・塗装面には使用しないこととのこと。香りを感じなくなってきたら、同じように吹きかけるだけなのでとっても簡単ですね。

今回は車室内にさわやかな香りをお届けするアイテムをご紹介しましたが、気になるにおいを車室内に取り込まないようにすることも大切です。以前 本ブログでご紹介したエアコンフィルターのメンテナンスも定期的に行っておくことがポイントです。真夏に重宝するエアコンですが、同時にカビ臭いにおいの発生源にもなり得ますのであわせてこちらも参考にしてみてくださいね。

これでスッキリ!!エアコンの「すっぱい」匂いがしたらエアコンフィルターを交換

2018.06.24

<< SPONSORED LINK >>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です