これでスッキリ!!エアコンの「すっぱい」匂いがしたらエアコンフィルターを交換




夏至も過ぎ、これからまた日がだんだんと短くなっていきますが、今年もまた暑い夏がやってきますね。まだ6月なのに既に日中は30℃を超える日もあり、体に負担のかかる季節になってきました。
となると、これからエアコンの冷房を使う機会が増えてくるわけですが、ちょうど冷房を使い始めた時にいや~な匂いが気になることがありませんか?つい最近 私 みのかぷもクルマのエアコンを使ったところ「すっぱい」においにちょっとばかり気分が・・・。
家庭用のエアコンでも同様のことがあったりしますが、家庭用のエアコンは”自動おそうじ機能”がついていたりするので、エアコンのお任せ機能のおかげであまり気になることはないかもしれません。でも、車のエアコンは残念ながら定期的にお手入れするしかないのが現状。
今回は みのかぷが実践しているクルマのエアコンのお手入れについてご紹介。愛車は輸入車ではありますが、基本的な構造は一緒なので参考にしてみてくださいね。

エアコンの「すっぱい」においの原因は・・・

あの嫌な「すっぱい」匂いの原因は”カビ”や”たまった埃や汚れ”、”雑菌”によるもの。
家庭用エアコンと同じように、エアコンを使用すると高温の空気を急激に冷やすサイクルを繰り返すことで結露した「水」が出ます。エアコンのオン・オフを繰り返すことでこの水分と汚れ・埃がカビ発生の原因と考えられます。
車室内空間は広さも限られ、「すっぱい」匂いがしたままエアコンを使用し続けると、車内にカビ菌やホコリを蔓延させることになり、嫌な臭いで気分が害されるだけでなく、最悪の場合 アレルギー症状を起こし、肺炎などの病気にかかることもあるようです。

エアコンフィルターの交換

家庭用エアコンにエアコンフィルターがあるように、車のエアコンにもエアコンフィルターが装備されています。(旧車の場合、フィルター自身が装備されていないものありますので、事前に要チェックですよ) 私 みのかぷの愛車にもエアコンフィルターが装備されており定期的にDIYで交換をしています。ちなみに、愛車の型式は”1KCAV”なので、その型式に適合したエアコンフィルターを購入します。一般的には純正品を購入するのが一番ですが、コスパ重視でOEM供給しているものを購入。

ちなみに、みのかぷのVW GOLFは”MANN”製のエアコンフィルターを愛用中。ネットサーフィンするといろんなショップで取り扱っているので、価格を比較しながら都度お値打ちなところを探して購入しています。

エアコンフィルターは一般的に助手席側で設置されていることが多く、グローブボックス下のトリムを外すと四角いボックスがありますので、そのボックスの蓋を外してフィルターを交換するだけなので、比較的簡単に作業ができますよ。

 

 

こちらが新品フィルター(上)と2年使用したエアコンフィルター(下)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り外したエアコンフィルターをよく見ると、細かい砂や埃がフィルターの隙間にびっしりたまっていました。やはり、家庭用エアコンと同じようにクルマのエアコンもお手入れが必要ですね。でも、なかなかクルマのエアコンのお手入れってなんとなく怠りがち。
だいたい6月から7月のじめじめとした季節になると、エアコンを使い始めるシーズンなので、そんなシーズンが来たらフィルター交換!!と決めておくと快適に暑い夏もすごせるかなと思います。

いかがでしたでしょうか、ぜひエアコンフィルターを交換して効果を実感してみてくださいね。

<< SPONSORED LINK >>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です