洗車のポイント




どうも、みのかぷです。

前回は洗車道具について、取り上げました。道具が一通りそろったところでいざクルマを洗いましょう。と、ちょっとその前に私 みのかぷが洗車の際に押さえているポイントについてご紹介したいと思います。ぜひ、参考になれば幸いです。

洗車に適した日とは?

みなさんは愛車の洗車はいつやりますか?私 みのかぷを含めお仕事がお休みの日に行う方が多いかと思いますが、その時のお天気をちょっと思い出してみてください。
雨の日やられる方は少ないでしょう。となると、晴れの日か曇りの日が大半ですよね。

「洗車に適していない天気は?」というと、”晴れの日”なんです。また、”風の強い日”も避けましょう。その理由はというと、

  • カーシャンプーで洗っている間に、水分が蒸発してしまいボディ塗装面のシミの原因となってしまう(イオンデポジット*になる可能性が高くなっていきます)
  • ボディに残った水分を拭きあげる前に蒸発し、汚れの原因になる
    ⇒ 一見すると拭き上げなくていいのでお手軽のように思えますが、逆に汚れの原因に
    なるのです。
  • 撥水効果の効いているボディの場合、丸くなった水滴がレンズの役割を果たしてしまい、太陽の熱を集め、ボディ塗装面が焼けてしまう(ウォータースポット)
  • 風で巻き上げられた細かい塵や砂がボディに付着し、洗車時に小さなキズをつける原因となってしまう

* イオンデポジット
ボディー塗装面の汚れや雨水の汚れなどがボディに付着し、それらが水分の蒸発とともに
塗装面に固着していきます。これが固着してしまうと、再び塗装面に水分がかかると、
同じところに水滴として付着し、また固着します。これらを繰り返しながら、さらに
紫外線などにより塗装面に影響を及ぼすようになっていきます。これをイオンデポジット
と呼んでいます。

などが挙げられます。せっかくクルマをキレイにするどころか、新たな汚れや小さなキズをつけてしまう原因になりかねません。

洗車に適した日はというと、「曇り空の風のない日」が最適と言えるでしょう。

夏の太陽が強く照りつける炎天下や、強風の日の洗車は極力避けるのが無難です。どうしても洗わないといけないというときは、太陽が傾く時間帯や日陰があるところで行うことをオススメします。
また、早朝や夕方など日が陰り、周りが暗いときはボディの汚れや拭き上げがしっかりできているか確認しづらいなどのデメリットもありますので、ある程度洗車に要する時間を考慮しながら作業にとりかかる時間を決めるといいですよ。
(上の写真を撮影した日もこんな感じのお天気の日に洗車しました)

カーシャンプーは泡で洗おう

カーシャンプーを使った洗車においていちばん大事なのはたっぷりの泡を作り、泡でボディを洗うことです。(以前 シュアラスターのカーウォッシュマイスターのイベントに参加していたときにもそうおっしゃっていました)

モコモコの泡をこんな感じで作りましょう。

  • 綺麗なバケツにカーシャンプーの原液を入れる
  • 高い水圧で勢いよく水を注ぐ

 

このようにシャンプーを泡立てから、洗車用スポンジにたっぷりの泡をつけましょう。

たっぷりの泡が準備できたら、まずは洗うボディにその泡をたらし、そのあとでスポンジを
一定方向に動かしてをやさしく洗いましょう。


これを繰り返し、ボディ全体を洗い進めていきますがバケツに作ったカーシャンプーにはボディについていた汚れを含んでいきますので、ある程度泡がなくなってきたら、少しもったいない気もしますが廃棄して、新しい泡を作ることをおすすめします。
(みのかぷも以前はもったいないからと思い、バケツのシャンプーがなくなるまで使っていましたが、バケツに含んだ汚れが逆でボディに細かなキズをつけてしまう原因になっていたことが分かったため、それ以来はこまめに新しい泡を作って洗う作業をすすめる方針に変えました)

みのかぷが実践している方法をご紹介しましたが、みなさんの洗車方法との違いはありましたでしょうか。あくまでの一例ということでとらえていただければと思いますが、ご参考になれば幸いです。

次回はみのかぷが実践しているクルマを美しく保つための仕上げについてご紹介したいと思います。

シュアラスター ゼロウォーターでクルマを美しく仕上げよう

2017.08.26

<< SPONSORED LINK >>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です